965×365

ともがらあいす!ともがらあいす!(意味不明

プロフィール

黒子

Author:黒子
好きなMS
アッシマー。

好きな義体
クラエス、トリエラ。

好きな食べ物
ゆば、ゆで卵、びわ。

好きな不死者
チェスワフ・メイエル 。

好きな帝国歌劇団
レニ。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
アバウト
相互リンクの申請や苦情などなど、コメント欄や、メールフォーム、およびテレパシーなどでお気軽にお申し付けください。 あわせて読みたいブログパーツ
月別アーカイブ
メールフォーム
苦情、及び相互リンクの申込み絶賛受付中!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

いや、信者的には「早く驚愕を出せ」だろう。

2008.11.06  rojer  編集

だめだ・・
おもしろさが全然理解できねぇ・・・

2008.11.05  神咲  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

幸せには、嘘も本当もないのだから。

2008.11.05

category : (レ)ライトノベル

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫 い 9-1)嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫 い 9-1)
(2007/06)
入間 人間

商品詳細を見る



一か月以上も掛けてようやく読了。
学校帰りに電車の中で読むだけでは、やっぱり日に10ページぐらいが限度ですええ。

追記でレビューはいりまーす。右下のりーどみーで開いて見てくださーい。

バナー

うーん、なんというか……


登場人物達壊れすぎ。

主人公の一人称視点で進められているのですが、主人公が恐ろしいほどの嘘つきな為、どこまでが真実なのか測りかねる。素顔どころか、フルネームすら出てこない主人公も珍しい。
あと、これが一番の特徴だと思うのですが、言葉遊びの数が尋常じゃない。
というか、この作品の内容の5割は言葉遊び。あとの4割はヤンデレのヒロインまーちゃん、1割は殺伐。



「で、みーさんでしょう?」
「たわば」
「やっぱり大嘘つきのみーさんですね、こんにちは。やっとお電話が繋がりました」
「馬鹿にするでねえ、圏外じゃねーベオラん家」
「いえいえ、素敵な女の子に電話を切られていたんです数日前から」
「ああ、ワイフですねそれ。怪人からの電話は容赦なく切るように躾けてますから」
「明日までに死んでくださいが奥様の決め台詞ですか」
「いいえ、お前はもう死んでくださいです」
「礼儀正しい奥様ですね、敬服に値します。それでみーさん、私と浮気なんてどうです?」
「間に合ってます」
「人類の敵ですね、鶏糞に値します。では三号さんに立候補です」
「永久欠番ですのでご遠慮願います」
「ユニイクな方ですね、誰に似たんでしょうか」
「お隣のお子さんに似てるって噂されてますよ」
「みーさんの女を寝取ります」
「それは怖い」
「具体的には、宅配屋でドッキリ作戦です。成功率は大リーガーばりです」
「では妻には敬遠の支持を出しましょう」



とか、ずっとこんな感じのやりとりだから困る。そしてそれがいちいち面白い。ラノベの作者とかには、かつて同人ゲーのシナリオライターとかして腕を磨いていた人が結構いるけど、この人は文芸サークルとかの出だったのかな。
ただこの作品の根底にあるのは「幼少の頃に遭った誘拐事件によって壊れてしまった被害者たちの行く末」であるので、一貫して暗い空気が作品内に流れている。まぁそれはサブタイからしてそうなんですけど。
またこれも言葉遊びの一環なのだろうが、文章の最中に、他の文章が割り込んできたりということがたまにある。具体例を挙げるなら↓


駄目もとでチャイムを押した。出ないなら外で待ドアが開いて僕にぶち当たった。


正直言って、非常に読みづらい。
何回か文章を読みなおしてようやく理解できた、ということが多々あった。読みづらさという点では、特にラストのバトル(?)の描写がいちばんわかりにくかったかな。バトル描写に求められる、爽快感とかを感じることができなかった。まぁそこら辺は二巻以降、改善されている……と思う。ただ全体を通して言葉遊びが本当に豊富なので、分かる人にはすっごい面白いです。ヤンデレ許容できる人にはお薦めできます。


最後に、これだけは言える。著者は間違いなく病気やね。


>>神咲氏
wii発売直後に「縁日の達人」とか言う良く分からんものが出てたけど、あれって売れたのかな。

>>rojer氏
信者的には「ゲーム作ってる暇があったらハルヒ二期やれ」らしいよ。
ちゃんと発売日に出るのかね。はたして制作状況は大丈夫なのかと勘繰ってしまう>激動
スポンサーサイト

コメント

いや、信者的には「早く驚愕を出せ」だろう。

2008.11.06  rojer  編集

だめだ・・
おもしろさが全然理解できねぇ・・・

2008.11.05  神咲  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

Copyright ©965×365. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。